読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ネネの中庭

音楽と日々の暮らし。時々猫。

三鷹の森ジブリ美術館

昨日は妹と姪っ子とジブリ美術館へ行ってきました。

三鷹の駅から玉川上水を歩いていくとかわいい看板が。

f:id:ayupf:20161218130310j:plain

徒歩15分とのことでしたが、
喋っているとあっという間に到着!
f:id:ayupf:20161218130830j:plain

f:id:ayupf:20161218131006j:plain

建物がとにかくかわいい!

何か温かみのある有機的な雰囲気で、
オーストリア出身の画家・建築家のフンデルトヴァッサー
デザインを参考に作られたそうです。

室内は細かい所までジブリらしさが満載で
そこにいるだけで楽しかったです。

短編アニメは「星をかった日」でした。
これがすごく面白かった!
小さい子供も多かったのに、誰も騒がず
上映中、シーンとしていました。

姪っ子といて気づいたのですが、展示室は
子供も楽しめるようになっていて
映写機を回すハンドルは子供が持てる高さにあるし、
展示品は、手に取れるようにマジックテープがついていたりして
細やかな気配りに感激しました。
姪っ子も楽しそうに遊んでいて
特にハンドル回しがツボにはまるらしくて、
ずっと離れないので困りました(笑)

それから、随所で流れているミニサイズの映像は、音声が音楽のみで
言葉がなくても伝わるようになっていて、外国人の方も見入っていました。
子供と大人、自国と他国の境目を超えて
皆で楽しめる場所になっているんだな~と思いました。

大人も乗れる猫バスは、ふわふわで一度座ると立ち上がれなくて
まったりしていると、
隣に座っていた小さい女の子が「あのね」と話しかけてきて、
しばらく皆でおしゃべりしていました。

後でお母さんが
「待たせちゃってごめんねー。色々見てたら夢中になってしまって」
と迎えに来ました。
相手をしてくれてありがとう、と言って帰っていきました。
こちらこそありがとうでした。

猫バスの中、皆ニコニコして座っていて、
初めて座る人の反応を見ているのも楽しかったです(笑)

外は写真撮影OKなので、外国人の旅行グループが写真を撮っているところ
撮りましょうか、と代わると、こちらも撮ってくれました。
何だか旅行に来た気分!

f:id:ayupf:20161218134939j:plain

スタッフさんもみんな親切だし、
ほんと、楽しい時間を過ごせました。

お土産は、タオルとトトロのスタンプと手帳を買いました。
ユザワヤでスタンプ2色も。
入場券もかわいいので、本のしおりにして使おうかな~

f:id:ayupf:20161218140133j:plain

カフェ麦わら帽子は満席で入れなかったのですが、
テントも居心地良かったので座ってソフトクリームを食べました。
スプーンが木で出来ていて、素敵だな~と思ったのですが
スタッフさんによると
宮崎駿さんは、プラスチックが嫌いで食事が済んだら
すべて燃えるゴミに出せるようにしたい、という意向があったそうです。
また、お土産を入れる「MAMMA AIUTO!」の紙袋も、
雨の日でもビニールで覆わなくていいように
防水仕様になっているそうです。

食べ物のメニューも有機野菜が使われていたり、
カフェまで細かい配慮がされているようで、またまた感激しました。

次来たときは、是非カフェで食事をしたいな~
あまり見ないで帰ってきた部屋もあるし
一度、一人で来て満足いくまでじっくり見て回ろうかしら・・・
他の短編アニメも見たいし、通ってしまいそうです。