読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ネネの中庭

音楽と日々の暮らし。時々猫。

白檀の香り

今日は、久しぶりにお線香と炊こうと思い
白檀の香りを香立てにセットした。
すると、火をつけなくても、ふんわり香るので
そのままにしておいた。

しばらくすると、何だか急に掃除がしたくなり、
キッチンのシンクをピカピカにして、トイレと玄関を掃除し、
気になっていたベランダの大きな蜘蛛の巣を取り除き、
寝具のシーツ類を洗い、ファンデーションのパフを洗い、
フローリングをいつもより丁寧に拭き掃除した。
料理も出来て、明日のお弁当のおかずもバッチリ!

それまでダラダラ過ごしていたのに
白檀の香りの効果かな?と思った。

これから、ピアノの練習をして
最近夢中になっているインド占星術を勉強して
少し語学も勉強して寝よう。

今朝、小さな舟に乗ってどこかに向かう夢を見た。
とても印象的な夢だったので、夢占いを見てみると
今の状況に当たっていた。

人生の目標をもう少し明確にしたいなと思う。

GWの終りに

今年のGWは9連休。

5日間、滋賀の実家に帰省しました。
家族や猫たちにも会えて楽しいひと時を過ごしました。
釣りが趣味の父が、シマアジと鯛のお刺身を作ってくれました。
絶品でした。

柔らかいブルーの空、空に溶け込むような山々、
ゆったりと飛ぶワシ?タカ?
キラキラ水面が光る琵琶湖。

どこにも出かけませんでしたが、
歩いているだけで心地よかったです。

東京に戻ってから、疲れが出たのか
2日間家から出ず、よく寝ました。

ピアノも1週間ぶりに弾きました。

美容院にも行って、気分スッキリ。

また明日から頑張ろう!!

はらロール+カフェ@立川

先週は息抜きでもしようかと平日に有休を取って、
ぶらりと立川へ行ってきました。

普段の買い物は、家から近いのもあって吉祥寺に行くことが多いけど、
立川も駅が広々と開放感があって好きな場所です。

駅周辺で買い物した後、ルミネのB1Fのはらロール+カフェで一息。

はらドーナツは知ってるけど、はらロールってあったんだーと
入ってみたら、結構穴場なカフェでした。

ラタトゥイユオムライスとミニサラダ、
ラムレーズンのロールケーキとホットコーヒーを注文。
f:id:ayupf:20170401183754j:plain

f:id:ayupf:20170401183800j:plain

オムライスのご飯は雑穀米で、野菜もたっぷり食べられて
とても美味しかったです。
ロールケーキもコーヒーも丁寧さが伝わってきて美味しかったです。

席の間隔もゆったりしていて、場所柄かあまり混まないようだったので、
居心地がよく、長居してしまいました。
立川に行く時はまた行こうかなと思います。

それにしても平日に電車に乗って街中をウロウロするのは
自由を味わえて最高です。
有休もあと23日くらいあるので、
時々平日のお出かけを楽しみたいと思います。

ドイツパンのリンデ吉祥寺店

今日は吉祥寺の武蔵野八幡宮へお参りした後、
ドイツパンのリンデというパン屋さんで一休みしてきました。

f:id:ayupf:20170312201459j:plain

初めて行ったのですが、お店の中の雰囲気が温かい感じで
一目で気に入りました。
ランチタイムが終わった頃だったせいか、
お目当てのサンドイッチが完売、
口コミを見て美味しそうだなと思っていた
カスタードクリームのドーナツもなくなっていたようでした。

お店の名物のプレッツェルと
ダークチェリーのパイ、アメリカンコーヒーを注文して2Fの
カフェスペースへ。

f:id:ayupf:20170312201512j:plain

プレッツェルは、上にかかっていた岩塩が風味を引き立てて
美味しかったです。
パイはさくさくの生地に中のジャムも美味しくて
あっという間に完食。ごちそうさまでした。

カフェスペースはむき出しの梁がいい感じ。
f:id:ayupf:20170312201509j:plain

照明も暗めで、温かみのある落ち着いた素敵な空間でした。

2Fはキリスト教の言葉が所々に飾ってあって、
トイレには「心の貧しい者は幸いである。天国は彼らのものである。」とありました。
ここでいう「心」とは、自我のことなんだよね・・・と思い返しました。

BGMも賛美歌が静かに流れていて心地よく、
ゆっくり読書したりメモ書きしたり、のんびり過ごしました。

あと、お店の人が、店内が空いてきた時に、
テーブルを広く使えるように、横の席をくっつけてくれました。
そんな些細な気配りも嬉しかったです。

良いお店を見つけて嬉しい一日でした。
とても気に入ったのでまた行こうと思います。
次はドイツパンらしいライ麦パンを食べるぞー!

いつも聴いていたい歌

最近はNaxosで音楽を聴くことが多いのですが
中でもベネディクト会系修道院聖歌隊の歌声を
毎日のように聴いています。

聴いていると不思議と疲れがすーっと抜けていくのを感じます。
グレゴリオ聖歌もそうですが、この癒しの力はどこから来るのだろう・・・

YouTubeでも一部の曲が見つかりました。

ベネディクト会系修道院聖歌隊

神よ、われ汝を愛す O deus ego amo te
作詞 : 伝承 - Traditional

天王星こんにちは。

昨日は天文台天王星を観望してきました。

自分の番が来てワクワクしながら望遠鏡を覗いてみると
小さい青い光の玉がユラユラしながら浮かんでいました。

これが天王星です!と言われてもあまりに小さくて
なんかピンとこなかったけど
太陽から地球までの距離を1天文単位として
19天文単位と、すごーーーーーく遠い所にあって
しかもそんなに大きくない惑星が
地球から見えるというだけですごいことだなーと。

天王星ってどんな星か今までよく知らなかったけど、
自転軸が横向きで、縦に環を持っていること、
太陽の周りを約84年かけて1周すること・・・
ギリシャ神話の天上の神Uranusの名前にふさわしいような
神秘的な星だなぁと思いました。

望遠鏡の前で並んでいる時間は
案内係の学生さんが、冬のダイヤモンドの見つけ方を
教えてくれて、楽しかったです。
空をじーっとみていると、何か気持ちがすっきりする気がします。

子供の頃に真っ暗闇に浮かぶ土星を見て衝撃を受けたことが忘れられず、
大人になって、火星、金星、木星、そして天王星を見ました。

残るは、水星、海王星冥王星

土星の環も、いつかまた見てみたいな~

1/7 ピアノの旅立ち

4歳の時に買ってもらった
カワイのアップライトピアノ

ちょっと鍵盤は重かったけど、
音色が温かくて良く歌うピアノでした。

26歳で一人暮らしを始めて、ピアノと共に引っ越して
消音機能をつけて練習していました。

30歳で上京し、グランドピアノを購入したので
実家に置いて、帰省した時に弾いていました。

実家で2年前に猫を飼い始め、部屋中行き来自由にしていたら
ピアノは、猫タワー代わりになり、カバーをかけていなかったので
傷だらけになってしまいました。

今年実家をリフォームすることになり、
たまにしか弾かれず、猫の登り台になっていたピアノを
とうとう手放すことになりました。

そして、今日買取り業者がやってきました。

丹念にピアノの内外を確認され、
中はメンテナンスを何年もしていなかったにもかかわらず
錆もなく状態が良く、
表面の猫のひっかき傷も問題ないとのことで
意外にも高値で引き取られていきました。

母は「何だか少し寂しくなるね。
また新しい友人に奏でてもらえるといいね。」
と話していました。

母が気に入って買ってくれたピアノは
また母が見送る中、旅立っていきました。

30年以上弾かせてもらったこのピアノには
感謝の言葉しかありません。
特に疲れた時、悲しい時、辛い時に弾くと
気持ちを浄化してくれました。

ただひとつ、心残りがあるのが
消音機能をつける時に取り外したアクションバーを保管していましたが
それは不要なので処分しておいてください。とのことでした。
あのピアノは、元の良いタッチに戻ることなく
売りに出されるのかな、と残念に思いました。

消音機能は、演奏可の賃貸マンションでも夜間に練習するのに
付けて良かったと思う反面、
ピアノの性能が半減することや、演奏と聴覚にギャップが生じること、
そしてピアノを買取に出す際は査定が下がることなど
デメリットもたくさんありました。

そんなことも含めて、私に色々勉強をさせてくれた
ピアノでした。

今まで本当にありがとう。
ちょっと寂しいけど、ピアノにとっても新しい旅立ちの日。
また素敵な出会いがありますように!